虹の橋を渡る(当日)

七君の腎不全闘病記 comments(9) trackbacks(0) viva1682
9/11に我が家のトイプードルの七(ナナ)君が天国へ旅立ち、早1週間強!気持ちの整理もできてきたので、亡くなる当日の状況をここに記しておきます。

10日の夕方以降から急速に元気がなくなってきているのが分かりました。それまでは元気がないにしろ、日に数回は水は飲むしオシッコにも行きました。しかし、10日夕方以降はこれがまったく無くなりました。末期の腎不全に加え尿毒症を起こしていますので水を飲んでオシッコするというのは大切な行為なのですが、どうも限界が来ている気がしました。また皮下補液の効果もなくなってきた感があります。奇跡の快復を夢見てきましたが、そろそろ危ないなぁという現実の予感が脳裏を走りました。

そして11日の朝8時頃、いつものように七君を抱きかかえて2Fの寝室から1Fへ連れていこうとした時、前日までのような弱々しいながらも自ら立ち上がろうとする事もしませんでした。目だけが何かを訴えている感じがします。また、気のせいか抱きかかえると体温が少し高いような・・・

そしてトイレへ連れて行っても、オシッコをするどころか立てなくて前のめりに倒れてしまいました。昨日までは何とか立ったり、よぼよぼ歩いたりしていたのですが、これすら出来なくなってしまいました。この姿を目の当たりにして可哀想でたまりませんでした。
もう七君はただ寝てるだけとなり、しかも息が徐々に荒くなり、また、軽く痙攣も起こし始めました。

この日、私達は病院へ皮下補液+抗生物質・制吐剤をしてもらいに行くのを止めました。もし病院で処置してもらい一時的に動けるようになったとしても、結果いたずらに延命をするだけではないか・・・今、七君が苦しんでいる状態が緩和されたとしても、また明日には同様の状況に陥るのではあまりにも可哀想です。夫婦で話し合い覚悟を決めました。2週間毎日通院して実施してきた治療を止める事を・・・奇跡を信じる事を・・・とても辛い選択です。

11:30頃、病院へ電話して、今日は治療には行かず七君を最後まで見守ってあげたい事を告げました。

電話を切った直後、七君は何かを悟ったかのように突然、真っ黒なウンチを大量に出しました。2週間何も食べていないのに・・・真っ黒なウンチが出ると最後が近いとか聞きます・・・私達は涙が止まりません。本当に大好きな七君とのお別れが近づいているんだと・・・!
きれい好きな七君、可哀想(>_<)!お尻をきれいに拭いてあげました。すると少し落ち着いたのか、先ほどまでゼーゼー荒い息と痙攣をしていたのが一旦治まりました。

15:30頃から再び息が荒くなり痙攣が始まりました。午前中の軽い痙攣とは違い明らかに痙攣と分かるレベルです。七君に声をかけ身体を優しくなでてあげても治まりません。ゼーゼー苦しそうです。

「もうこれ以上がんばらなくていいよ!」
「もうこれ以上苦しまないで!」

・・・何度も身体をさすりながら優しく声をかけてあげました。本当に七君には少しでも苦しまずに逝って欲しい!今の私達の願いはこれだけです。がんばって生きろとはとても言えません・・・悔しくて情けなくて・・・

16:30頃、再び真っ黒なウンチをしました。その後、呼吸が浅くなり目は一点を見つめるだけで私達の呼びかけにも反応しなくなりました。そして、突然呼吸が止まり身体が動かなくなりました。その直後、下顎呼吸を数回苦しそうにしながら「ヒィヤーン」と一鳴きした後、天国へ旅立ちました。時間は16:45です。

もう七君に会えないと思うと涙が止まりません。こみ上げる事はあっても泣く事はあまりない私が号泣してしまいました。13年間の思い出が走馬燈のように頭の中を駆け巡ります。でも最後まで本当に頑張ったねという気持ちで一杯です。2回目の真っ黒なウンチをした後は、あっという間に虹の橋を渡ってしまいました。苦しみは少なかったかなぁ?七君の13年間は幸せだったかなぁ?それだけが気がかりです。そう言えば、七君は1回も嘔吐しませんでした。嘔吐は人間でも苦しいですから、これが無かっただけでも少しは苦しみが緩和されたかな・・・そう思いたいです。

愛犬の死というものがこんなにも悲しく辛いという事を身を以て経験しました。この喪失感はとてつもないレベルで襲ってきます。たぶん私達はもう2度と犬を飼う事が出来ないだろうという気がします。

今まで最高の愛を私達に届けてくれた七君に心からの感謝と、いつの日か私達も旅立ち、そして再会出来る事を願って!!七君を荼毘に付す時、首輪を着けたままでお願いしました。リードは私達が手元に残しました。いつの日か、このリードを七君の首輪にまた着けられるようにとの願いを込めて!

本当にありがとう!
一生七君の事は忘れません!
また会いたいよ!

JUGEMテーマ:ペット
 

虹の橋〜天国へ旅立つ

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
ちょっと数日ブログ更新出来ませんでした。我が家のトイプードルの七(ナナ)君がとうとう虹の橋を渡って13歳半という年齢で天国へ旅立ってしまいました。覚悟は出来ていたものの、その日は突然やってきました。あまりにも急すぎて辛くて悲しくて・・・・

9/10はいつものように病院へ行ったのですが、夜からほとんど動かなくなってきてました。そして9/11の16:45に天国へ旅立ちました。

今日9/12には戸塚斎場でお骨になりました。とっても小さくなりました。
なんでこんなに小さくなっちゃったの?骨壺ってこんなに小さいんですよ!

小さくなった七君

私達夫婦の大の親友で、かつ自称七君のお姉さんでもある通称六(ロク)ちゃんが、七君の為にわざわざお花を贈ってくれました。本当にありがとうございます。今の悲しい切ない心に六ちゃんの優しさが染み入ります。

まだしばらくは心が「きつい」です。だって今まで部屋にいたはずの七君がどこにもいないのです。
もう少し気持ちが落ち着いたら9/11、9/12の状況をブログに書きたいと思います。今まで見守ってくれていた皆様、七君を応援してくれた皆様、本当にありがとうございました。


七君、いままでありがとう。

天国でたくさん美味しい物を食べてね。

そして、当分先かもしれないけど、

必ず私達もそちらへ行きますから、

しばらくの間、待っててね。

いつかまた会おうね。


JUGEMテーマ:ペット

9/9 今日はママの誕生日

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
今日9/9はママの○○歳の誕生日♪
なんと今日でご飯を食べなくなってから(正確には食べられなくなってから)2週間目の七君ですが、がんばってママにお祝いをしてくれました。どういう訳か今日の朝は七君調子が良いのかちょこちょこ部屋の中を歩いています。
ママの誕生日をお祝いする為に今日までがんばりましたなんて、悲しいドラマみたいな事がないよう心から祈ります。でも、何か胸騒ぎがします。

病院で3点セット治療を今日も実施して家に帰りました。先生もここまでがんばっている七君に少々驚いているようです。。。。もっともっと驚かせてやりたいネ!

ママと七君

でも、やはり嫌な予感が現実化してきました。夕方頃から急激に衰弱が始まってきたようです。座ったままでもフラフラし出し、たまにバタッと倒れたりします。また、口がガクガクと震えたりし始め出しました。声をかけて身体をさすってあげると少し治まります。
またトイレにも自分で行けなくなってきて、私達が抱えてトイレに連れて行きさせてあげるという状態になりました。お水も飲めなくなってきたのでスポイトで口に運んであげると少しだけ飲んでくれます。七君の大好きなミルクを少し口に含ませてあげました。でもミルクすら受け付けないようで顔を背けてしまいます。


七君!少しでも長生きして欲しいです。

そして、一緒に楽しい時間を過ごしたいね!

今日はママの誕生日も祝ってくれたし・・・

でも七君!

七君が辛くなったら私達の事は気にしなくていいよ。

時間はかかるけど、いずれまた会えるから・・・・・・。

          ・
          ・
          ・

私達、悲しいけれど、

七君のがんばりのおかげで悲しみに耐える力をもらいました。

私達はきっと大丈夫だと思うよ、心配しないでね。


JUGEMテーマ:ペット 

9/7〜9/8 状況報告

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
9/7の朝方は息苦しそうにしていました。よくよく調べてみると鼻に何かが詰まっていました。嘔吐物か何かだろうか?
病院で先生に聞くと、おそらく内分泌だろうとの事です。また、根拠はないが最近こういう症状が亡くなる数日前に出る事があるのを見ますとのショッキングな話がありました。ワセリンをもらい鼻に塗ってあげました。詰まった物が多少柔らかくなって取れやすくなるかもしれません。
最後の最後まで望みを捨てずに、また亡くなるにしても最後の1日までも苦しみや痛みを緩和してもらう為にも、この日も皮下補液に抗生物質と制吐剤の注射をしてもらいました。

七君はほとんど寝たきり状態に入りました。目では私達を追いかけます。また、けなげにオシッコをしたい時だけは力をふりしぼってヨロヨロとトイレまで歩いて行きます。元気な時は綺麗好きだった子なので自分を汚すのが嫌なんだろうと思うと悲しみがこみ上げて来ます。

七君

また、夜になると七君の目からも白い分泌物が出るようになりました。一瞬白目をむいているのかとびっくりしましたが、拭いてあげると元のクリクリお目々に戻りホッとしました。

9/8もいつものように病院で3点セット治療をしてもらいました。
家に帰ってからの七君はいつもに増して寝てばかりで動かなくなってきました。寝返りもめったにしなくなってしまいました。また、目からの白い分泌物が増えてきました。
オシッコもしないので、抱えてトイレに連れて行ってあげると、やっとしてくれます。尿毒症だから我慢は良くないので数時間毎にトイレに連れて行ってあげるようにしています。
お水は今日は1回だけ飲みました。ただ、立って飲めなくなり寝ながらペロペロと結構大量に飲んでくれました。
お水を飲んで、オシッコをしてくれると何かホッとします。まだ頑張れるという生命力を感じます。
緩和治療を継続しているおかげで、薬が切れた時のように嗚咽や嘔吐の繰り返しはまったく無いのが救いです。スヤスヤと寝てばかりいるのは、苦しんでいない証拠と思いたいです。ここまで来ると私達が七君にしてあげられるせめてもの事です。本当にごめんね!七君!

明日9/9はうちのママの誕生日です。七君と私とママの3人で無事明日一日を過ごしたいと心から祈っております。

JUGEMテーマ:ペット

腎不全(尿毒症)の原因についての考察

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
何故、我が家の13歳半年のトイプードルの七(ナナ)君が突然、腎不全+尿毒症になったのだろうか?今年2011年の8/23にいきなり尿毒症の症状が始まり入院、そして入院治療や通院治療の効果なくどんどん悪化してます。

前日までなんの症状もなく元気に走り回っていたし、毎年きちんと健康診断も実施しておりました。ちなみに過去数回の検査データは下記です。

2010-4-26
BUN:20 、クレアチニン:1.1

2010-6-3
BUN:18 、クレアチニン:0.9

2011-4-25
BUN:39 、クレアチニン:1.3

そして、

2011-8-23
BUN:90 、クレアチニン:3.7 ・・・入院当日

2011-8-25
BUN:123.7 、クレアチニン:7.0 ・・・入院2日目

2011-8-27
BUN:158.4 、クレアチニン:8.0 ・・・退院日

赤色数値が基準値オーバーです。振り返れば今年4月の検査時にBUNの値が少し基準値オーバーしましたがクレアチニンは問題無し。今思えばこの時点から腎不全が始まったと思いますが、データ的にはこの時点ですぐ治療開始という事は誰も考えないと思います。先生も、この時点で即腎不全とは判断できないとのご意見でした。明らかに8/23に突然尿毒症発症と同時に数値悪化した感があります。

では、急性なのかと言われると七君の年齢を考えると必ずしも急性と判断は出来ず(老犬に急性はあまりないそうです)、急性か慢性かの判断は難しいそうです。しかも色々検査した結果は腎臓単体が原因の可能性が高いとの事です。

ただ、今思えば一つだけ思い当たる節があります。七君は歯槽膿漏を患っていました。もしかしたら、細菌感染による腎不全ではないでしょうか。今年春頃に歯が1本抜け落ちたりしてましたので、実はだいぶ歯槽膿漏が進行していたのかも・・・・・これであれば、今年4月頃から本格的に細菌感染が始まり、8月に一挙に症状発生したとの整合がとれます。つまり4月以降歯槽膿漏が相当ひどくなったのではないかと思われます。

日頃、たいして歯を磨かなくても元気に老齢を過ごす犬もいますが、うちの子の場合は、歯槽膿漏による細菌感染が原因とすれば明らかに飼い主の責任です。そう考えると、なぜもっとこまめに歯磨きをしてあげなかったかと自責の念と後悔で心が辛くてたまりません。

七君!ごめんね!本当にごめんなさい!

JUGEMテーマ:ペット

9/6 状況報告(命の確認)

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
昨日、制吐剤を少しいつもより多めに注射してもらったところ、とても平穏な一日を過ごせました。今日も制吐剤を少し多めに、いつもの皮下補液をしてもらいました。

今日は今まで恐くて先生に聞けなかった例の事項を思い切って尋ねてみました。

「七君はあとどの位、生きられるのでしょうか?」

すると先生は、「それは神さましかわからない。」との回答でした。

ああ、そうか!先生は明確に断言出来る事以外はけっして話さない性格だったんだと思い出しました。自分の個人的感情は抑える方でした。。。。であれば、質問の仕方を変えようと思い、次のように再度聞きました。

「医学的にではなくて、先生の経験的にはどうでしょうか?」

すると先生は、「もう!です。」との回答でした。

分かってはいましたがあらためて先生の口から七君の生存の可能性を聞いてしまうと、やはりショックが大きかったです。私の隣で、これまた分かってはいたはずの女房が涙目になっておりました。
先生とは、あと残り少ない命かもしれませんが少しでも緩和治療を続けたいという話をして病院を後にしました。

七君

家に帰ると七君は、立つのがしんどいのか動くのがダルいのか、後ろ足を適当に投げ出して寝出しました。普段元気な時にはやらないスタイルです。見ていると妙に人間ぽくて可愛いです。(本犬はそれどころではないかと思いますが・・・・)起きてふらふら歩き出す時は、オシッコかお水の時だけです。お水はこの間までは頻繁に飲んでいましたが、もう1日1〜2回程度しか飲まなくなってきております。

明け方は少し苦しそうでした。嘔吐は薬のおかげでまったくしませんでしたが、嗚咽というか人間でいうとタンを出したいのか、そんな動作を頻繁にしていました。寝る体制も頻繁に変えていました。そんな状況が明け方5時位まで続いた後、落ち着いてぐっすり寝だしました。私達もやっと眠りにつく事が出来ました。

JUGEMテーマ:ペット

9/5 状況報告(窮地脱出)

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
昨日は最悪の状況で一晩中目が離せませんでした。
午前中、病院で状況を説明して、制吐剤を少し多めにしてもらいました。先生も、ここまでくると七君に少しでも苦しみを与えないようにしたいという考えで治療をしてくれています。

最愛のペットの終末をどう迎えさせてあげるかは意見の分かれるとこかと思います。勿論、積極治療が第一ですが、それの限界を迎えてしまった今は、最後の1日まで大切なペットに辛さや苦しみを与えないようにしてあげたいです。そして少しでもストレスを与えず楽しく過ごさせてあげたいです。いわゆる緩和治療でありホスピス治療でもあります。それでは安楽死という方法があるではないかという考えにはケースバイケースでしょうが大反対です。だって、七君を見ていると一生懸命生きようとヨロヨロとであっても立ち上がり、そして命の綱でもある水を飲もうとする訳ですから・・・・。

・・・と格好良く書きましたが、この境地に至るまでは相当悩み・悲しみ・怒りそして自問自答・自責の念と色々ありました。でもやっと落ち着きました。少しでも七君と素敵な思い出を作りたいです。

今日は制吐剤が効いたのか一日中寝ていました。でも、きちんとオシッコをして少ないながらもお水も飲んでいます。ただ、あいかわらずご飯は一切食べません。今日で丸10日絶食状態です。友人や犬仲間からは、強制給餌してでも食べさせないと良くないと言われる事もあります。しかし、それは違います!強制給餌出来るワンチャンはまだまだ元気な証拠なのです。私も一時は強制給餌もしたのですが、七君の場合は強制しても嘔吐してしまいます。つまり食べないのではなくて食べられないのです。消化器系が機能していないので食べてもすべて嘔吐してしまうので、強制給餌は逆に危険な行為と言わざるをえません。

夜中から朝方にかけて、七君は久しぶりにぐっすりと眠れたようです?私達も久しぶりに七君の寝息といびき(笑)を聞きました。とっても嬉しくて、このままずーっとこの状態より悪くならないようにと心から祈ります。

JUGEMテーマ:ペット

9/4 状況報告(再度症状悪化)

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
インターネットで腎不全で闘うワンチャンと飼い主さんの記事を探しては読んでいるのですが、うちの七君のようにBUN:158.4+クレアチニン:8.0というデータの子にはいまだ会えていません。この数値の凄さが改めて認識出来ます。
お世話になっている先生ははっきり言わないし、インターネットで調べても基準値はあっても危険値は表示されてないし、各種ペット相談コーナーの先生方も明言を避けます。情報過多なインターネット世界で知りたい事が分かりません。おそらく今亡くなってもおかしくない状態なんだろうと思います。

今日9/4もいつもの3点セットを病院で実施後、七君はいつものように寝ていたのですが、午後3時頃突然の嘔吐!朝方に1回嘔吐するのはあったのですが、この時間に結構大量の嘔吐をしました。しかも吐瀉物はほとんど水のはずなのですが、色が濃いこげ茶色!あまり良くない徴候と瞬間的に感じました。

その後、七君は暗いところや狭いところを探しては寝ます。なんの根拠もありませんが、やはり犬も本能で身体が動けなくなると感じると外敵から身を守る為に隠れようとするんだと確信しました。

七君

家の中は安全なんだよと、抱きしめてなでてあげていると、七君が大好きだったソファーの上にあがりたがり始めました。自分でジャンプしようとするものの当然足腰が弱っていて上がれません。抱き上げて乗せてあげると安心したのかソファーの隅っこに顔をうずめて寝始めました。が、その後、ソファーの上でも嘔吐が始まる!

夜に入ると息はゼーゼーし始め呼吸も荒い、嘔吐も数回!私達は今までにない最悪の結果を覚悟しました。一晩中、七君の側で声をかけながら看病をしました。この日はとうとうお水も一滴も飲みませんでした。

朝方なると少し状態が落ち着いてきました。息がゼーゼーと荒かったのが治まってきたようです。窮地を脱した感はありますが、予断を許さぬ状況には変わりません。

JUGEMテーマ:ペット

9/3 状況報告

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
今日も朝方1回嘔吐!どうも皮下補液や抗生物質・制吐剤の効き目が切れる時間帯のようです。であれば、朝夕2回の補液+注射をすれば良いのかもしれませんが、あまり老齢の七君に無理はさせたくありません。

ただ、今朝は寝息がだいぶゼーゼーと苦しそうでした。背中や頭をさすってあげていると、いくらか治まってくるようです。七君の快復に向けて非力な自分が出来る事はこんな事しかないのかと悲しくなりながらも使命を見つけたように声をかけながらさすってあげました。

今日も11時頃に皮下補液+注射(制吐剤+抗生物質)を実施してきました。
まったく食べない七君の胃や腸はどうなっているのでしょう?丸8日食物を入れておらず水と補液だけで生きています。まさか壊死してる事とかないのでしょうか?もしそうだったら、いくら補液+注射で頑張っても無駄な努力ではないか。
そんな疑問を先生にぶつけてみたら、「たぶん、胃と腸は機能停止状態でしょう」との事でした。よくわからない回答でしたが壊死よりマシと思い、もう余計な事を考えるのはやめました。
あと、まったく食べないでいったい何日保つのかを聞きたかったのですが、どうしても恐くて聞けませんでした。

あとふらつき度合いが強くなってきました。歩きもやっとの感じになってきた感があります。いよいよ栄養失調の影響が出てきたなぁと思います。それでも七君の生きようとする意欲が見られます。トイレや水を飲む時はわざわざ歩いてその場所まで行きます。けなげすぎて泣けてきます(ToT)

残された時間はもうわずかなんだとヒシヒシ伝わってきます。。。。

JUGEMテーマ:ペット

9/2 状況報告

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
特に大きな変化はなく、朝方、いつものように嘔吐を1回、11:00頃に病院で3点セット治療実施。今日で退院してから丸7日何も食べていないのに七君はとってもがんばっています。フラフラしながらも自分で歩いてトイレに行くし、お水も回数は減ってきたものの飲みます。

七君

今日、先生に「医学的には終末に向けての状態と判断するのは分かりますが絶対にそうなのか?」と聞いてみた。ばかな質問をしているとは思いますが思わず口から出てしまいました。すると先生は「世界中を見ればほんのかすかなパーセンテージで快復するケースはある。」との回答でした。
七君の目を見ていると、終末に向かう感じではなく病魔と闘っている目をしている。突然奇跡が起きるような気持ちになるし、奇跡は冗談抜きでうちの七君に起きて欲しいと思います。

JUGEMテーマ:ペット 
無料ブログ作成サービス JUGEM