8/25 緊急入院2日後の状態

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
8/25、トイプードル七君が腎臓悪化で緊急入院して2日、面会に行きました。心から良くなっている事を祈りながら・・・・また、きっと改善していると信じて・・・だって3日前は元気に走りまわってご飯もモリモリ食べていたんですから。

前足に針を刺して卓上の小型点滴マシンで液剤を注入されている(マシンには注射器のようなものがセットされていて自動で点滴液を送るみたいです)姿の七君に会いました。針の部分をなめて外さないようにエリザベスカラーも付けられていました。なんか痛々しくて可愛そう(ToT)会うと尻尾を振りながら「早く帰ろうよ!もう病院は嫌だよ!」と言っている気がしてたまりません。

本日のレントゲン結果と血液検査の説明を受けました。

レントゲン結果:

胃にたまっていたガスは抜けて胃と腸の動きはとりあえず機能し始めたとの事。2日前のレントゲン写真には胃が黒く映っていたのが消えておりました。

血液検査結果:

BUN:123.7mg/dl(90)
クレアチニン:7.0mg/dl(3.7)
UN/Cr:17(24)
カルシウム:10.7mg/dl(13.7)
リン:未測定
白血球:12300/μl(20550)
cpk:未測定
AST/GOT:70IU/L(347)
ALP:653IU/L(265)
CRP定量:20.3mg/dl

*()内は8/23入院前のデータ

2日間の入院治療でBUNとクレアチニンの値は向上せず、むしろ悪化してしまいました。その他のデータはALPを除いてのきなみ向上してます。ただ、点滴に加えて抗生物質投与の一時的結果かもしれないとの事。

今回CRPなるデータ測定をされてましたが、これは身体に腫瘍や炎症がある際の目安となるものでかなり精度の高い検査のようです。先生は相当悪いとしか言いませんでしたが、自宅に帰って調べたところ数値で20を超えると重篤な損傷(腫瘍か炎症かは不明なれど)があるという事らしい。

JUGEMテーマ:ペット
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM