8/28 状況報告

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
末期腎不全に尿毒症併発で必死に病魔と戦うトイプードルの七君!ヨタヨタながらも自らトイレに入ってオシッコをしております。こんな体調悪い時なんだからトイレじゃないところで失敗しても構わないのにけなげにトイレまで歩きます。もう辛くて可愛そうでなんとかならないものか・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

もう2日も絶食状態の七君は、今朝私達がご飯を食べていると元気な時のように寄ってきて「僕にも頂戴♪」の顔をしました。驚きと嬉しさでご飯粒を少しあげてみたら一生懸命食べようとしてくれました。でも、結局なめるだけで飲み込めません。きっと胃が気持ち悪くて食べ物を受け付けないのでしょう。にもかかわらず一瞬にせよ元気な時の生活にトリップしたみたいで、つかの間の幸せを感じました。出来ればこの普段の生活に戻りたい!出来るなら時間を巻き戻して欲しい!

11時頃病院へ行き、皮下補液+注射(抗生物質と制吐剤)をやってきました。治療が終わって自宅に戻るとまずはウンチです。勿論下痢なのにもかかわらず通常の生理現象をしてくれる事が嬉しく感じたりします。

午後になると、体調が悪化し始めたのかお水もあまり飲まなくなってきました。いつもお水を洗面所であげていたせいか、七君はとことこ立ち上がって洗面所へ行きます。そこに行けばお水があると覚えているのでしょう。しかし、お水をあげると飲もうとする仕草は示すものの一切飲みません。夕方以降は何回も洗面所へ行く行動をします。飲みたくてしょうがないのに気持ち悪くて飲めない状態と思われます。

七君お水飲んで!

食事以外にお水まで飲まなくなれば、快復方向どころか致命的方向に向かってしまいます。もう困って悩んでいる猶予はないと思い、スポイトで水を吸引して七君の舌の上に垂らしてあげました。一応ペチャペチャと舌を動かして水をわずかながらでも飲んでくれました。このやり方で食事もお湯でどろどろにして口に運んであげましたが、ご飯は強烈に嫌がります。

夜中に少し息が荒くゼーゼー言い始めました。心配して飛び起きて七君をなでていると、七君はムクッと起き上がりおいてある水の入ったお皿の所に行き、何回かに分けて相当の量を飲みました。生存本能でしょうか?何回かに分けて飲むというのは、たぶん飲みながらも胃が気持ちが悪いからなんだと思います。その後、オシッコをたっぷりして、また寝床に戻ると、ゼーゼー言わなくなりました。ある意味で動物の本能ってすごいんだなぁと感じた出来事です。あとはこの調子で食欲という本能が動いてくれないものか!!

JUGEMテーマ:ペット
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM