9/4 状況報告(再度症状悪化)

七君の腎不全闘病記 comments(0) trackbacks(0) viva1682
インターネットで腎不全で闘うワンチャンと飼い主さんの記事を探しては読んでいるのですが、うちの七君のようにBUN:158.4+クレアチニン:8.0というデータの子にはいまだ会えていません。この数値の凄さが改めて認識出来ます。
お世話になっている先生ははっきり言わないし、インターネットで調べても基準値はあっても危険値は表示されてないし、各種ペット相談コーナーの先生方も明言を避けます。情報過多なインターネット世界で知りたい事が分かりません。おそらく今亡くなってもおかしくない状態なんだろうと思います。

今日9/4もいつもの3点セットを病院で実施後、七君はいつものように寝ていたのですが、午後3時頃突然の嘔吐!朝方に1回嘔吐するのはあったのですが、この時間に結構大量の嘔吐をしました。しかも吐瀉物はほとんど水のはずなのですが、色が濃いこげ茶色!あまり良くない徴候と瞬間的に感じました。

その後、七君は暗いところや狭いところを探しては寝ます。なんの根拠もありませんが、やはり犬も本能で身体が動けなくなると感じると外敵から身を守る為に隠れようとするんだと確信しました。

七君

家の中は安全なんだよと、抱きしめてなでてあげていると、七君が大好きだったソファーの上にあがりたがり始めました。自分でジャンプしようとするものの当然足腰が弱っていて上がれません。抱き上げて乗せてあげると安心したのかソファーの隅っこに顔をうずめて寝始めました。が、その後、ソファーの上でも嘔吐が始まる!

夜に入ると息はゼーゼーし始め呼吸も荒い、嘔吐も数回!私達は今までにない最悪の結果を覚悟しました。一晩中、七君の側で声をかけながら看病をしました。この日はとうとうお水も一滴も飲みませんでした。

朝方なると少し状態が落ち着いてきました。息がゼーゼーと荒かったのが治まってきたようです。窮地を脱した感はありますが、予断を許さぬ状況には変わりません。

JUGEMテーマ:ペット
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM