七君が亡くなって2年・・・

犬・腎不全という病気 comments(16) trackbacks(0) viva1682

9月11日!この日はアメリカ同時多発テロがあった日です。しかし、我が家では愛犬の七君が闘病の末に天国に旅立った日でもあります。世界中の人が天に祈りを捧げるので、きっと七君もビックリしているのでは?
我が家でもお線香を焚いてお祈りをしました。

七君と会えなくなって2年が過ぎます。
しかし、私達夫婦の心の中には七君との楽しかった生活の想い出と、どうしても亡くなる当日の辛い状況が頭から離れません。
2年も経つのにいまだに苦しいものなんだなぁとしみじみ感じます。それだけ家族の一員だったんですね。まだ新しいワンちゃんを迎えようという気にはなれません。



ブログを読んだ方から励ましの書込みや同様の病状で悩んでいらっしゃる方からの書込みが絶えません。どれだけ愛犬に皆様が愛情を注いでいるのかが痛いほど共感出来ます。また腎不全はワンちゃんにとってどれだけ厳しい病気かという事も感じます。

おそらく介護の末に愛犬が亡くなると、自分を責めてしまうのではと思います。自分がそうだったのですが、治療方針は間違っていなかったかとか、もっと何かやってあげられる事はなかったのかとか、もっと早く異変に気がついてあげられなかったのかとか・・・・

でも、飼い主が色々考え悩んだ末にとった行動や対処方法が結局はベストであり、それに間違いは何もないのだという事を七君が亡くなり2年経過してやっと私は理解しました。だって、人間と同じように透析や移植等の治療方法が現実的ではないのだから、大病にかかれば江戸時代の人間のようなものです。それぞれのワンちゃんの生命力にも影響されるかと思います。

同じような状況で悩んでいる飼い主の皆様、不幸にして愛犬を亡くされた方、どうか自分を責めるのはだけ止めて下さいね。

七君が天国に旅立って2年目に感じた事を書かせて頂きました。


JUGEMテーマ:ペット
コメント一覧

こんにちは。少し前にコメントさせていただきましたchiriです。
もう3週間が経ちました。どうしてあげたらよかったのか、答えのない疑問を考えては自分を責めてしまいます。絶対助けてあげられたはずなのに、と。
いっそのこと目の前に現れて、文句言ってくれたらなぁ、怒って責めてくれたらなぁって思います。
まだまだ自分が選んだ看病がベストだったようには思えません。

私も最後の苦しんだときの息づかいや呼吸するときのお腹の動きが頭から離れません。
2年経っても忘れることできないものなのですね。。時間薬、いつになったら効くのでしょうね。

  • chiriさん
  • 2013/09/15 1:46 AM

> chiri様

こんにちは。喪失感で辛いですよね(ToT)
特にchiri様のワンちゃんは最期まで鳴いていたようなので、尚更後悔や自責の念で自分を苦しめちゃっているのでは?
でも、そんな事は絶対無いですよ!辛い最期の悲しみをはるかに越える一緒に過ごした素晴らしい日々の想い出があるじゃないですか!亡くなったワンちゃんも天国では楽しかった日々だけを覚えていると思います。

最近、たぶん新しい子を迎えれば、また楽しい生活になるのだろうなぁと漠然と感じてきてはいます。
ただ、どうしてもあの闘病〜天国に昇る時までの映像が頭の中から消えないのです。きっと、ワンちゃんを飼う事への恐れなんだと思います。
でもそう考えられるように2年経過してなってきました。

chiri様も早く心が癒される事をお祈り申しあげます。

PS.「虹の橋」の詩は読まれましたか?もしお読みでなければ飼い主様の心の傷を癒してくれる効果があるそうなので、ご一読をお薦めします。私は読んでて多少元気づけられました。(いずれは天国で再会出来るんだから私は元気に精一杯生きて行こうという安心感が芽生えました。)
http://www.yuko-sound.jp/petloss/rainbowbridge.html

  • 管理人hiroさん
  • 2013/09/15 10:53 PM

こんにちは。「虹の橋」、ありがとうございます。
私も見ました。天国へ行ってしまったあと、ネットで「亡くなった犬に会う方法」「亡くなった犬の魂は」などなどたくさん検索して、その中でその虹の橋も知りました。
ただ、うちのワンコちゃんは箱入りに育ててしまって、「犬見知り」な部分があるので、ちゃんとお仲間に入れてもらえるかなぁと心配しています。

hiroさんは新しいワンちゃんを飼う気がなかなかしないのですね。私は逆に、新しい子が欲しくてたまりません。
それは前の子を忘れたわけでも、忘れたいわけでもなく、ぬくもりを感じたいからだと思います。ワンちゃん独特のぬくもり、ってありませんか。やわらかなお腹、可愛い寝顔、頼ってくる目、それを感じたいからだと思います。新しい子を通じて、前の子のぬくもりを感じたい・・・あの子を抱きしめたい、そんな感じでしょうか。会いたくて会いたくて。

でも、端から見たら、非情なのかもしれないですね。

  • chiriさん
  • 2013/09/18 1:59 PM

> chiri様

実はうちのワンちゃんも犬見知りな過保護坊やだったので天国でちゃんとやっていけているかが心配です。いつまでも親ばかですよね(笑)

ところで新しい子を迎えるのは大賛成です。ペットロス対策でもあるし、また新しい子をchiri様が幸せにしてあげられるのですから素晴らしい事だと思います。けっして非情でも何でもないですよ。ぜひ新しい子を迎えてあげて下さい。

私も愛犬と過ごした日々やぬくもりや仕草を感じたくてしょうがありません。たぶんchiri様とまったく同じ心情だと思います。ただ、亡くなるあの時の辛い経験が恐怖として完全に消えていないだけです。単純に臆病になってるだけかもしれません。

でも、必ず新しい子を迎えて幸せにしてあげたいし、自分もあの楽しかった日々や温もりを感じたいと思います。あとちょっとで再度ワンちゃんと人生を歩むという道に戻れそうな気がしています♪

  • 管理人hiroさん
  • 2013/09/19 12:42 AM

こんにちは。
こちらのブログを拝見して涙がとまりません。
実はうちのワンコも先々週突然具合が悪くなり、病院に行くと尿毒症で腎不全のステージ4と言われました。食いしん坊の子が食べれなくなり、そしてどんどん弱って行ってます。毎日点滴に行っていますが、何もできません。主人も昨日から来週まで海外出張で本当に心細くて、何もできなくて。。。
ただ側にいるしかできないのでしょうか。

  • チャイきちさん
  • 2014/09/04 4:33 PM

> チャイきち様

はじめまして。書き込み有り難うございます。お一人で毎日愛犬の看護は大変でお辛いし心細いですよね。
先生がステージ4と断言出来る位に腎不全が悪化しているのでしょうか。このブログをやっていると、しみじみワンちゃんって突然発症して重篤だというのが普通にあるものだと思わされます。おそらく夜中も心配で熟睡も出来ない日々を送られていることと思います。

ワンちゃんが自力で食べられないという状態が改善されない限りは厳しい現実がいずれやってくる可能性があります。うちの愛犬の七君がそうだったのですが、食べなくなったら最後亡くなるその日まで絶対食べようとしませんでした。
人間なら腎臓移植や透析で元気に戻せますが、ワンちゃんの場合は現実的ではありません。医者も飼い主も正直無力だなあと感じております。

でも、どうかあきらめずに最後の最後まで看病してあげて下さい。そして出来るだけワンちゃんの側にいてあげて声をかけてあげて下さい。それが一番の薬かと思います。
うまい言葉がみつかりませんが、心からワンちゃんの快復を祈っております。

  • 管理人hiroさん
  • 2014/09/05 6:50 PM

hiro様
お返事ありがとうございました。
今朝5時過ぎにチャイも虹の橋を渡って行きました。
3時前から呼吸が苦しくなり、そしておさまりを繰返し、無事夜明けを迎えられるかなと思った途端痙攣をし、そして大きなおならをして行ってしまいました。
今はまだ心の整理がつきませんが、最期まで看病できたことは良かったと思います。
お返事をありがとうございました。
同じ体験を持つ方にお話を聞いて頂けて良かったです。

  • チャイきちさん
  • 2014/09/10 6:37 PM

> チャイきち様

看病お疲れ様でした。
チャイきち様がチャイちゃんの最後を看取ってあげる事が出来たというのが何よりです。きっと安心してチャイちゃんは虹の橋を渡れたと思います。
実は今日はうちの七君の命日です。私も何年たってもあの亡くなる一瞬の時までの辛さと悲しさは消えません。
どうぞチャイきち様、この後、お葬式や荼毘等で更に悲しみが深まるかと思いますが、お気を落とし過ぎずチャイちゃんの為に頑張って下さい。
心よりチャイちゃんのご冥福をお祈りします。

  • 管理人hiroさん
  • 2014/09/11 11:32 AM

hiro 様
今日は、もう初七日です。
毎日チャイの気配を感じたくて
呼んでみたり、普段寝ていたところを探してみたり。本当に寂しくて恋しくて。。。
主人も帰国しチャイのお骨を抱き締めることができました。間に合わなかったと大泣きしました。
チャイは七君と一緒に遊んでいるでしょうか。それともまだ私達のまわりに居てくれているのでしょうか。
一目会いたいです。
七君は夢に出てきてくれたことありますか?

  • チャイきちさん
  • 2014/09/16 8:16 PM

> チャイきち様

我が家は今年の9/11で三回忌になるのですが、いまだ七君がその辺にちょこんといるような気がします。あそこでいつも寝そべっていたなぁとか、ここで転んで床を睨んでいたなぁとか、、、もうこの世にはいないのに七君の思い出の場所がたくさんあります。
七君の夢は今思うと亡くなって半年位は出てきてくれませんでした。初めて夢に出てきてくれた時はとても心が温かい気持ちになれました。なんの根拠もありませんが夢に出てきてくれるようになってやっと成仏してくれたんだなぁという感じがしました。
ご主人様は最後の日に間に合わなかったんですね(/_;)。。。チャイママ様お一人で看病から看取り、葬儀まで頑張ったのですね、、、それはさぞかしお辛かったかと思います。
私は遠い将来ですが、必ず七君に会えると信じております。その時の為にそなえて七君愛用のリードを大切に持っております。(首輪は七君に付けたまま荼毘に付しました)私か女房の先に亡くなった方がこのリードを持って行くと決めております。
なんか情緒的な感傷話しになってすいませんでした。

  • 管理人hiroさん
  • 2014/09/18 2:07 PM

hiro 様
早いもので、もう3週間が過ぎてしまいました。
先日のhiro 様のコメントを読んで、横浜駅のコンコースだったのですが、涙が止まらなくてしばらく動けませんでした。
チャイは家にいる時は首輪をせず、外に出掛ける時にしていたので、旅立たせるときに首輪をしてもらいました。リードは今も玄関の所定の場所にお散歩セットと共に掛かっています。仕事に出掛ける以外のお出掛けの時に一緒にカバンに入れています。
だからhiro 様のお気持ち自分の事のようにわかります。
チャイがこの世をさって、今更ながらに随分チャイに助けられていたんだなぁと痛感する出来事もありました。チャイがいたから、今まで何とかやってこるたんだなぁと本当に思います。
七君はhiro 様と奥様の心の支えとして、今も見えないけれど側にいると私は信じたいです。

  • チャイきちさん
  • 2014/10/02 11:12 AM

ブログを読んで、本当にツライのが伝わって着ました。あたしも先月の10月12日に5歳で
天国へ旅立って行ったテツのことが本当に悔しくてツラくて毎日泣いています。
うちも急性腎不全でした。
元気がなくなり、ご飯も食べなくなり
夜中に病院に電話したところ、次の日の朝に診察に来てくださいとのことでした。
翌朝に病院へ行き診察したところ、元々腰痛持ちだったので、そのせいで元気がないかもとゆわれて薬をもらいそのまま帰ってきました。
夕方、仕事から帰ると嘔吐していて元気もなく
再び病院へ。
点滴をして帰宅したら元気になり
いつもみたいにボールで遊んだり吠えたり
ご飯も食べてくれて安心したのもつかのまで
夜、ぐったりしてしまい寝る前に庭に出すのが
日課でしたが行きたがらずでした。
次の日朝、また病院へ。
ひとまず入院になり次の日の朝、病院へ行きました。エコーでお腹も見たところオシッコが溜まってないとのことでここでようやく血液検査をしたら数値が大変な事に…
そのまま夕方まで預かってもらい
迎えに行ったら
山場だとゆわれました。
そして、その2日後に天国へ…
もう少し早くに検査していればテツは
助かったのでは…
外へ行きたがらないことに少ししか異変に築いてあげられなかったことが本当に悔しくたまりません。
テツは最後に鼻血を出し血を履いて
ものすごい痙攣をして
亡くなりました。
今だにその姿は忘れられません。
どんだけ悔やんでもテツは帰ってきませんが
テツのおかげで本当にわたしたち家族は笑顔に
なれました。
きっとみんな同じ気持ちなんですよね…

  • Naomiさん
  • 2014/11/03 6:46 PM

> Naomi様

こんにちは。
テツちゃん、5歳で旅立ってしまったのですか?!Naomi様のお辛い気持ちが伝わってきます。しかも異変発覚からとても早く逝ってしまうとは・・・
私も七君が亡くなる当日の事は鮮明に覚えております。朝七君と目が合った瞬間に「僕は今日旅立ちます」というシグナルを七君は送ってきました。飼い主にしか分からない感覚的なものでした。その数時間後には意識不明となり痙攣・脱糞、一旦は治まったものの、さらに数時間後に再度同様の症状の末、天国に旅立ちました。あまりにも死と戦おうとする姿を見て思わず「もう頑張らなくていいよ。」と涙ながら声をかけてあげ体をさすってあげたのを思い出します。
テツちゃんとの5年という凝縮された楽しかった日々や思い出を大切に頑張って下さい。どうしても愛犬が亡くなると自責の念にかられますが、飼い主が判断してとった行動が一番最善の策だったはずですから。
テツちゃんに心からお悔やみ申し上げます。

  • 管理人hiroさん
  • 2014/11/06 11:57 AM

はじめまして。
先週の月曜日に、11年連れ添った愛犬が
心臓病で旅たちました。
7月に、初めての肺水腫で 病院に行ったとき
心臓病と診断され すでに レベル5段階で
4でした。
薬を飲み始め、その後、1カ月おきに肺水腫を二度 起こし
もしものことがあるかもと言われながら
数時間後には落ち着いて 帰宅していました。

亡くなる日の前夜、少し 呼吸が速いような感じがして、翌朝 病院に。
肺水腫ではなく、心臓の状態で 少し 呼吸が速いとのことで、念のため 採血し 他の臓器などの確認をしました。
利尿剤を飲んでいましたが、幸い、腎臓は 大丈夫で 夜から 少し 薬を増やすことになりました。
帰宅後は、落ち着いていたので 仕事に行きましたが いってくるね の挨拶が 最後となりました。

夕方 帰宅したときには、すでに 冷たくなり
病気になってからは いつも部屋の真ん中にいたはずが、リビングの入口にいました。
私が家を出て 2時間程度だったようです。

病院に行ったことが負担になったのかな
帰宅後、すぐに 追加の薬を飲ませていれば
仕事を、無理にでも休んでいれば
病気そのものを 早く気づいてあげていれば
いろいろな後悔で、亡くなった日は 顔を見ることができませんでした。
今は、悲しみと罪悪感で とにかく 謝りたい
そして 抱きしめてあげたい 気持ちで
いっぱいです。

長々と すみません
ブログを読ませていただき
書き込まずに いられませんでした
私も アーチのために 笑顔で
思い出を振り返れるようにしたいです

  • AliCeさん
  • 2014/12/15 11:11 PM

> AliCe様

こんにちは。
とても辛い別れになってしまったのですね。読んでいて私も胸が苦しくなりました。AliCe様の心の内が伝わってきます。

私も愛犬が亡くなった後でも、何か他に対処方法がなかったのか悩み苦しみました。かなり自責の念にとらわれました。でも結局は愛犬の事を一番理解して熟知しているのは飼い主自身ですから、どんな結果になろうと飼い主が出した対処方法が一番ベストなのです。
ぜひアーチちゃんの為にこんなにがんばった自分自信を褒めてあげてください。アーチちゃんも感謝して旅立ったはずです。

今は苦しさと悲しさで一杯だと思いますが、ぜひアーチちゃんの為にも楽しかった日々を大切にしてください。
心からお悔やみ申し上げます。

  • 管理人hiroさん
  • 2014/12/16 5:14 PM

hiroさま
温かいお言葉をありがとうございます。
もう一度だけでいいから
会って 謝りたい
そして、頑張ったね ありがとうって
抱きしめてあげたい
そう思う日々から抜けられるには
時間がかかるかもしれませんが
アーチのために、頑張ります
アーチが 笑顔で 虹の橋で待っていられるように

ありがとうございます

  • AliCeさん
  • 2014/12/16 8:47 PM
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM