伊豆長岡1泊2日旅行(その1)

国内旅行・ドライブ comments(0) trackbacks(0) viva1682

ちょっと早めの夏休みがとれたので伊豆長岡へ1泊2日の小旅行をしてきました。実はちょっと気になる史跡と1度は宿泊してみたい温泉宿があったのです。

★★ 第一日目(7月15日) ★★

まずは横浜から東名高速でビュ〜ンと出発!最初に目指す場所は足柄サービスエリア!実は今期間限定でフジテレビ「めちゃイケ」とタイアップしてガリタ食堂なんかが開催されてます。運がよければ「めちゃイケ」メンバーと会う事があるそうです。できればエガちゃん(江頭2:50)に会いたい♪

足柄SA-1

足柄SA-3

ガリタさん食堂のテーブルには「めちゃイケ」メンバーの顔写真と落書き&サインが書かれてます。岡村隆史さんのテーブルはやらたウ○チが書かれてます(笑)

足柄SA-2

これは光浦さんの「ウンタロー巨大オブジェ」。

本日は残念ながら「めちゃイケ」メンバーには会えませんでした。まあ、そう簡単には会えないでしょうね・・・
昼食はガリタ食堂ではなくて、SA内レストランで一応めちゃイケお勧めの富士山マーボー豆腐を食しました。味はまあまあかなぁ(^_^;)

足柄SA-4

そしてお腹も満足したので、とにかく気になっていた伊豆長岡史跡の「江川邸」に向かいました。

★★★★★★★

実は江川家は清和源氏の血筋で、北条家や徳川家等の時の名将軍に代々徴用されて来たのです。そして明治維新後も徳川家臣でありながらも明治政府にも信用が厚かったという誠にすごい不思議な家系です。まあ世渡りがとても上手かったのでは?とも言えますが、ここまで歴代の将軍や政府に徴用された理由の一つに清和源氏の流れを組むという事もあったのでは、、、なんて勝手に想像してました。

江川邸-1

江川邸-2

江川邸-3

入館料は300円ですので、お近くに来られたらぜひ寄ってみてネ。館内にはボランティアで説明をしてくれる方がおり、とても楽しくお話を聞かせてくれます。私は、この屋敷に佐久間象山や久坂玄瑞らが西洋学を学びに来ていたと聞かされ驚きました。特に江川太郎左衛門英龍という人物はもしかしたら本当はもっと日本史上注目されるべき方ではないかと思います。

韮山反射炉

そして次に向かった先が韮山反射炉。

これは大砲などを鋳造するための溶解炉です。やはり江川英龍さんが早々と西洋技術を取り入れて海防体制を固めるために築造しました。現在ユネスコ世界遺産の登録目指して頑張っております。

さて今回の旅行の目的でもある
もう一つの気になる場所−温泉宿については次回書きますネ。

続く




JUGEMテーマ:温泉に行こう
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM