シトロエンC4の長所・短所

愛車シトロエンC4 comments(0) trackbacks(0) viva1682
シトロエンC4(1.6)に乗り始めて早いもので2年が過ぎました。ここで、あらためて長所・短所を考えてみたい。・・・とはいっても、プロのドライバーでも評論家でもないので、素直に感じた事を述べたいと思います。

シトロエンC4

<長所>
1.なんといっても外車の割に安い価格設定♪特に1.6Lは割安感強し。

2.バネサスにもかかわらず、フンワリとした感触!(空気圧による影響大)接地性は低いけど妙な高級感ある走行フィーリング、フランス車の特徴なのかもね。

3.静寂性及び居住性の良さ。

<短所>
1.4速しかないAT!しかも都心ではほぼ2速での走行!(1,2速ギヤーでのひっぱり過ぎ?時速45KMを超えないと3速には入らないみたいです。)また、シフトショックも大きいぞよ。

2.ドアミラーが電動格納しない!また、バイザーが付いていないので雨天はドアミラーが見づらい!

3.きしみ音が車後方から出始めてきた。(どうもプラスティックパーツがきしむみたいです。)

まあ、大まかに書くとこんな感じです。まとめると、”居住性・静寂性はこのクラスでは文句なしだが、AT能力が低いのと価格相応のチープさが欠点”といった感じかも。なにしろC4初めての方でもチープさを味わいたければドアの閉める音を聞いてみれば分かります。(商用車の音みたいですよ~(=^‥^A アセアセ・・・)でも、ウィンドウは2重構造で中心部にフィルムが入っていたりと遮音性能を上げる仕様は標準装備です。

細かい点をあげると欠点は色々とあります。例えば、ブレーキ鳴きや収納ポケットの使いにくさ、小回りが利かない・・・等々。でも、C4を当分手放す気になれないのは何故なんだろう?やはり、居住性・静寂性なんだと思います。とにかく運転していて疲れない車です。峠道や首都高をかっ飛ばす気がまったく無い自分にはATが5速(出来れば6速)になって、電動格納ドアミラーになればより理想の車です。
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM